読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と少女マンガについて考えたりするブログ

マンガ・アイドルの感想ブログ。星占い混じり。

東村アキコさんの、かくかくしかじか、感想。

自分の血肉になってしまうくらいに、本質に近いものとの出会いですら、時には魂の目指す場所と矛盾してしまうことがある。

東村アキコさんの「かくかくしかじか」は、作者本人の、絵についての人生を切り取ったお話だと思う。

マンガをずっと描きたかった作者が、宮崎県の畑の真ん中の日本家屋で、美術を教えるおっさん(先生)と出会って、惹かれながら追いかけながら、それでもマンガに幾度となく引き戻される。それの繰り返しで、少しずつ進んでいく。

美術としての絵、マンガとしての画との狭間。

矛盾するものも少し融合する方法くらいはこの世にあるだろうし、大人になれば折り合いの付け方もわかるはず。

けれど、それがうまくいかなくたって、むしろうまくいかなかったりする様にこそ、儚さや美しさを感じるのだと思う。

矛盾を折り合わせるのではなく、美しさに昇華させることこそ、一つの色で。

それには時間が必要だけれども、その分、人の心を震わせるのだ。