星と少女マンガについて考えたりするブログ

マンガ・アイドルの感想ブログ。星占い混じり。

ディスコミュニケーション

世界を信じすぎると、

もっと言えば、世界は一つだから、無意識レベルで相手に伝わるだろうと思っていると、

意外と相手に届いてなくて、誤解が生じていたりする。 

相手をもっと見た方が良いのだと悟った。

相手も、世界の縮図だ。

きちんと世界に拓かれていないのは、自分自身なのかもしれない。

*****

何かを見て、あ、これは自分だ、と思うもの。

そのように、たくさんの人が思うものが名作で、そこで沸き起こる感情が、愛着というものなのかと感じた。

雑誌などは、特にそうだと思う。

ライフスタイルが自分だと思うもの、自分に近いと考えるモデルの存在、それを中心に作られるコミュニティ。

カリスマとか天才とか呼ばれる人は、実は大衆的だ。違うのは、華やかさや先進性、なのだろうか。