星と少女マンガについて考えたりするブログ

マンガ・アイドルの感想ブログ。星占い混じり。

赤髪の白雪姫、感想。

淡々とした空気感、くすっと笑ける面白さ。

薬剤師としての道、王子との恋愛、自分のいきる道。

アニメ化で話題の「赤髪の白雪姫」について、感想です。

赤髪の白雪姫 14 (花とゆめCOMICS)

赤髪の白雪姫 14 (花とゆめCOMICS)


珍しい赤髪を持つ主人公・白雪が、王子・ゼンと惹かれ合いながら、人として薬剤師として成長していくお話。

身分の高い男に対して、身分の低い女主人公。
その二人が結ばれるために、女側が人柄を武器に味方を集めて認められていく。

というのは、見たことのあるウキウキの構図ですが。

女の武器が、「自分の職業・いきる道」だというのは、どうにも新しく思えます。
ファンタジーなのに、現代的。リアル。
背筋が伸ばされる思いです。

今のお姫様は、受身に待っているわけではなく、果敢なもの。
王子とも、騎士とも、対等。
そんな人としての自尊心と恋愛が同等に語られる、今日ならではのファンタジーです。
強く生きたい。