星と少女マンガについて考えたりするブログ

マンガ・アイドルの感想ブログ。星占い混じり。

ごくたまに生きてるのか死んでるのか、分からなくなる。そんなモードの時には。

何かしらのネガティブな影響を浴びた後だろうと考えられる、この状態。

たとえ暇があろうと、すぐに好きなことが出来る条件下であろうと、なかなか抜け出せません。

その原因がはっきり分かっている場合でも、それを取り去るのは難しいことが多いですよね。

そんなとき、どうすればよいのか。ちょっと考えてみました。

☆美味しいものを食べる
出来れば、ふんわりふわふわのものが良さそうです。

☆割り切って寄り道する
成果などは考えず、ただ“良いかもな~” と思った方向に足を向ける。街の好悪を味わうのも一興。ふはは、全部の道を歩きつくしてやるぜ、も一興。

☆なるべく心を震わせるだろうものに近づく
店でも街でも本でもイベントでも。

以上でござる。

つまるところ、麻痺状態に陥ったら、自分の皮膚感覚を取り戻すところから始まるのですよね。

何が自分の幸せなのか。それを改めて感じとる。幸せになり直す。

しかしこれって、月のボイドタイムのときの過ごし方と似ているのですよね。

実はぐったりやる気がなくなるときというのは、ボイドタイムなのかもしれません。

月=皮膚感覚!

ならば、ボイドタイムは休むべき!

ですよね?(違)