星と少女マンガについて考えたりするブログ

マンガ・アイドルの感想ブログ。星占い混じり。

欅坂46そのものが帯びる空気と、長濱ねるのホロスコープ。

今回は、長濱ねるホロスコープを見てみようと思います!


ねるは、太陽乙女座、月水瓶座

文学・映画に心惹かれる感じ、清潔な奥ゆかしさは乙女座っぽく。
一方、個性的な空気を出しているのは水瓶座ですね。

この組み合わせは、とても分析的で理性的かと思います。独特なものさしで世界を測って、周囲に貢献していきます。
しかも太陽ノーアスペクトなので、とても自由で独特なポジション。
その風穴を開ける自由さや閃きをもってして、周囲がいい感じになるよう分析・調整していくような。
足りないところを感じ取り、かゆいところに手を伸ばす。視点もとてもフラットで徳がある。

そして、獅子座がかなり強く、三天体も入って、月へとエネルギーを送っています。
自分をアピールするということが、結構当たり前に出来てしまうかもしれません。
見た目からして、目に入ってくるものがある。
個人的にはセンター適性もあると思います。

MARQUEE 116

MARQUEE 116



ここで、平手友梨奈と共通するのが、獅子座-水瓶座ラインの強さなのですね。

集団の中で自分を打ち立てるというテーマ。
沢山の個性の中で、それでは私はどうする?という声。

2TOPが持つ、このテーマ。
これはもはや欅坂46というグループ自体が、持つテーマなのではないでしょうか。

その中で、てちは集団を守る役割、ねるは集団を調整する役割を担うような気がします。

それもこれも、欅坂自体が輝き続けるためですね。蟹座と乙女座にかこまれた、獅子座のテーマ。

いやはや、チームというのは、とても面白いものです。