星と少女マンガについて考えたりするブログ

マンガ・アイドルの感想ブログ。星占い混じり。

人間の相性とは?羽海野チカ『3月のライオン』12巻、感想。

読んだのは、ちょっと昔ですが!


今回は表紙が、綺麗なあかりさん。

内容も、あかりさんのパートナー探しが見どころです。

あかりさんについて、林先生がこう、語ります。

「すっごくきれいで こう静かにゆらゆらしてて…」

「で なんだかさみしげっていうか…」

「キラキラと光って ただゆれてるような」

あかりさんって、優しいんだけど、自分というものを持っているというより、周りに合わせて生活している感じ。

魚座マターがすごいです。

でもその儚さが、たくさんの人の救いになったり、惹きつけたりするのでしょう。

そんな彼女が幸せになるには?

***

初めは林先生とのフラグが出ていました。

にも関わらず、今回はそのフラグに暗雲が立ち込めています。

あかりさんにとって頼りないものとして描かれまくって。

あかりさんがそもそも頼りない儚い存在なのに。

しかし、あかりさんの幸せって一体じゃあ、何なの?と。

***

それは、人をふくふくにすることなのだろうと、思います。

一巻に立ち返りますね。

人でも猫でも、ふくふくにして、元気にすること。

そう考えた時に、やっぱり最後に出てきた島田さんは、よかったです!

あかりさんの存在が、島田さんにとって、必然に感じたのです。

あかりさんには島田さんをふくふくにしてほしい。

そして島田さんは、ゆらゆら揺れるあかりさんの、アンカーになることができると思います。

互いの欠点を補いながら支え合う空間が、現実味を帯びてきます。

***

そして今回思ったのは、

相性って、動かしてみないと分からない

ということ。

林先生を動かしてみてしっくりこなかったから、島田さんが出てきたのかなーと、

けれども、これからどうなっていくか分かりません。

島田さんを取って、先生が振られるストーリーを想像しても、実がないのですよね。

逆なら、島田さんの株が上がるだけですが。

結局相性って、ストーリーつまりは自然、に則るものなのかもしれません。

本人達だけの問題じゃなくて、もっと広い視点でどうか、ってことですね。

ストーリー的に面白いかもその一つ。笑